スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなし名画シリーズ

ダリ (おはなし名画シリーズ)
ダリ (おはなし名画シリーズ)西村 和子 森田 義之

博雅堂出版 2004-06
売り上げランキング : 836531

おすすめ平均 star
starこれはオススメ♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(マメ3歳7ヶ月、ポコ1歳10ヶ月)

図書館でこの本を借りたら、「記憶の固執」(あの時計がぐにゃりとなっている絵です)に興味を覚えたのか、息子マメがよく眺めていました。確かにダリの絵は子どもの興味をひくだけの衝撃があるかもしれない。で、「なんで時計がぐにゃってなってるの?」と。その質問、この「おはなし名画シリーズ」を読めばわかるんです。私も初めて知ったけれど、あのぐにゃりとなった時計は、とろけるチーズから連想したものなんですって!!ほええ~。

テキストは小学生低学年くらいを対象にしている感じ。画家の生涯がとてもわかりやすく書かれています。生涯学習として、大人になってから絵画の知識を仕込みたいという方にもいいと思います。

更に更に、このシリーズの素晴らしいところは、絵が惜しみなく鮮やかに披露されているところです。ピカソの「ゲルニカ」のような迫力のある大きな絵は、見開き2ページを割いて紹介されています。

絵はできればホンモノを美術館で(つまり原寸大で)、それが無理ならできるだけ原寸大に近い大きさで見るべきと思っているので、絵本という枠組みの中で、かなり努力をされているなーと感じました。

公文などで名画カードなるものがありますね。あれ、一応購入したんですけど、絵画を愉しむにはかなり物足りなさを感じます。あれで絵って素晴らしいと思えるのかな。そこに感動がなければ、興味を持つことは難しいし、興味がなければ覚えられない。それでも覚えなきゃいけない?そりゃ苦痛ってもんです。(既に絵に興味を持ってから、カードとして使うならアリかもしれないが。。)


おはなし名画シリーズ、ぜひ集めたい!結構なお値段なので、少しずつしか集められないけど。。
ちなみにHPはこちら↓。
http://www.hakugado.co.jp/meiga.htm


ちなみにダリの他の絵は、マメは「怖い」と言って見向きもしませんでした。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
おはなし名画シリーズの紹介を兼ねた子育て日記のようなものを書いているsigekiと申します。
ブログに取り上げていただきありがとうございます^^
これを機にちょくちょく遊びに来させていただきますね!
よろしくお願いします。

ご訪問ありがとうございます♪

はじめまして!ブログを拝見させていただきました。水族館のあとにクレーの黄金の魚を見るお子さん、素敵ですね!うちもマネさせていただきます♪

おはなし名画シリーズ、少しずつ集めたいと思います。
これからもちょくちょく伺わせてくださいね。

プロフィール

紫陽花

Author:紫陽花
小学生の息子と娘を育てる母さんによる、絵本と児童書の紹介ブログです♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こどもたち
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。